アルコール薬剤について

アルコール薬剤の特徴

アルコール薬剤は医療の現場でも活用されている最もポピュラーな消毒薬剤の一つです。特に手指消毒に用いられるのはエタノール(エチルアルコール)がほとんどです。消毒用アルコールとも呼ばれ第3種医薬品に分類されます。また指定医薬部外品として取り扱われるものもあり、除菌スプレーや除菌シートにも活用されています。

アルコールは細菌の細胞膜を破壊し、たんぱく質を溶解させることにより除菌効果を発揮します。

 

アルコール薬剤の弱点

非常に効果が高いように思われるアルコール薬剤ですが、使用する上で気を付けておきたい点があります。

1. 揮発しやすく、引火性がある

アルコールは非常に揮発しやすく、また引火性があるため、保管する際には十分に気を付ける必要があります。火気の近くでは絶対に使わないようにしましょう。

2. 粘膜に対して刺激性がある

目などの粘膜に触れると、強烈な刺激があります。使用の際には目などに入らないように注意する必要があります。

3. ゴムや樹脂などの部品を変質させる

アルコールは加水分解によりゴムや樹脂部を劣化させます。またアルコール除菌スプレーの中にはステンレスを腐食させてしまうものもあるため、使用箇所には十分な注意が必要です。

4. 水分が多いと効果が落ちる

消毒用アルコールは水分とのバランスを考えて、ある程度の水分が含まれていますが、それ以上水分がある箇所に対して使用すると、アルコール薬剤の効果を薄めてしまうことになります。

5. アルコールでは対応しづらいウイルスがある

一部ウイルスにはアルコールでの除菌・消毒の効果が期待できません。「エンベロープ」と呼ばれるウイルスの膜(脂質)を破壊することで除菌・消毒効果を発揮するアルコールに対し、ノロウイルスやロタウイルス、アデノウイルスといったウイルスはエンベロープを持たず、アルコール薬剤に対して抵抗力があるため、残念ながらアルコール薬剤では効果を期待できないのです。

 

このように、非常になじみのあるアルコール薬剤であっても弱点があります。これらの特徴を十分理解した上で、使用方法や散布場所などを検討し、効果的な除菌・消毒を心がけましょう。